オンライン打ち合わせ、実施中

高効率&高浸透トレンチ 水害×浸水=万全の治水対策 CWトレンチSS

CWトレンチSSの概要

浸透型砕石トレンチの弱点を克服!!
高効率の機能性と施工性を完全両立

世界的な気候変動で年々、激甚化・頻発化を増す雨水災害対策として、「高効率の機能性」「施工・メンテナンス性」「環境性」に着目し、開発された「浸透トレンチ」です。プラスチック製ブロック材を積み上げて貯留時に必要十分な貯水量を実現。短工期と省人化、メンテナンス性、環境性のすべてを実現した画期的な浸透トレンチです。

CWトレンチSSの5つの特長

プラスチックのSEKISUIによる
浸透トレンチの決定版!

1.機能・設計性

94〜95%という高い空隙率を確保し、砕石と比較し約30%の施設長さを削減できるケースもあります。幅と高さをパッケージ化。設置も容易となっています。

2.保守・管理性

メンテナンス性を重視し、「維持管理部」用パーツを用意。内部に導水路を設置できるので、堆積物を内部につまらせず、管理枡部へ誘導可能です。

3.施工・安全性

ブロック材を90度ずつ交差・積層するため、接合部材が不要。積み上げは人力のみ。
T-25車両の通行に対応できる強度を持ち、施設の省サイズ化が図れます。

4.環境性

本体4kgとコンパクト・軽量設計。積層できるので、配送台数削減と輸送コストを大幅に削減可能。併せて、現場輸送にかかるCO2発生量の削減も見込めます。積層により荷姿も小さく、現場での置き場も最小限です。4t車 1台で約80m相当の輸送が可能です。

5.耐震性

本体は雨水貯留浸透技術協会の認定品であり、耐震レベル2を有しております。

次世代[浸透トレンチ]の新スタンダード『CWトレンチ』

メンテナンスについて

土砂や堆積物が容易に除去できる
定期検査やメンテナンス重視の構造

従来の砕石トレンチで「土砂や堆積物によるつまり」「内部を清掃できない」といった問題が、CWトレンチSSにより解消できます。流入した雨水と土などがメンテンナンスパーツの導水路を通り、端部の管理桝へ誘導・排出させることが可能です。

主要スペック・製品情報

[適用範囲]と【参考平面図】

[ CWトレンチSSの主要スペック ]

[ 従来型砕石トレンチとの比較例 ]

資料ダウンロードはコチラ。プラスチック貯留材『クロスウェーブ カタログ』などを登録無しでダウンロード
クロスウェーブに関するお問い合わせ先はこちら。東日本のお客様:03-6626-2750 中日本・西日本のお客様:06-6365-5472 お問い合わせフォーム